大阪でリフォームする時見るサイト

大阪の住宅デザインリフォームやマンションリフォームは、
リフォーム神戸技術センターラピスへお任せ下さい。

リフォーム神戸技術センターラピスの事例集へ

リフォーム大阪の事例集
↑ 画像をクリックして頂くとリフォーム事例集に入ります。

リフォーム神戸技術センターラピスは、

数有るリフォームサイトの中から、
大阪でリフォームする時見るサイトを見て頂き、有り難う御座います。大阪でリフォームを考え、こだわりの有る貴方の為のリフォーム。どこへ頼めば良いか迷ってる、貴方のサイトです。 徹底したコスト管理、中間マージンの削除により実現した、納得価格、同じ予算で、1ランク〜2ランク上の上質リフォームをご提供致します。 自然素材をふんだんに使ったエコリフォームを目指しています。 自然浴、無垢フローリング をご覧下さい。地元、大阪に密着したデザインリフォーム専門です。 比較して下さい、 システムキッチンの交換リフォーム工事ユニットバスの交換リフォーム工事 も当社ノウハウにより、貴方にピッタリのリフォームプランを格安価格にてご提供致します。 特に水周り(キッチンリフォーム、バスルームリフォーム、トイレリフォーム)のリフォーム、プランニングの必要なデザインリフォームを得意としています。

大阪の概要

大阪という地名は、もともとは現在の大阪市域のうちの、大和川と淀川(現在の大川)に間に南北に横たわる上町台地の北端辺りを指し、古くは摂津国東成郡に属した。 この漢字の地名に関する最古の記録は、1496年、浄土真宗中興の祖である蓮如によって書かれた御文の中に見られる「摂州東成郡生玉乃庄内大坂」との記載である。もともと、蓮如が大坂と呼んだ一帯は、古くは難波(浪華・浪花・浪速)などが地域の名称として用いられていたが、蓮如が現在の大坂城域に大坂御坊(いわゆる石山本願寺)を建立し、その勢力を周辺に伸ばすに及んで、大坂という呼称が定着した。 その語源は、大きな坂があったために大坂という字が当てられたという説があるが、蓮如以前の大坂は「オホサカ」ではなく「ヲサカ」と発音されており、諸資料にも「小坂(おさか)」と表記された例が見られる(日本書紀には烏瑳箇とある[4])。このためにこの説は信憑性に乏しい。 蓮如以後、大坂は「おおざか」と読んだとされる。江戸時代、商人・伝兵衛が海難事故でロシア帝国に漂流したとき、ロシア人には「ウザカ」と聞こえたと伝わっている。しかし、従来「おさか」と読んでいたのを大阪駅の駅員が「おーさか」と延ばして言うようになったのが広まり、「おおさか」と呼ばれる様になったという説もある。 漢字の表記は当初「大坂」が一般的であったが、大坂の「坂」の字を分解すると「土に反る」と読めてしまい縁起が悪いということから、江戸時代のころから大阪とも書くようになり、明治時代には大阪の字が定着する。一説に「坂」から「阪」への変更は、明治新政府が「坂」が「士が反する」、すなわち武士が叛くと読めることから「坂」の字を嫌ったとも、単に、役人の書き間違えの言い訳から定着したともいう。

リフォーム神戸技術センターラピスのお問い合わせ先

ラピスは、貴方の夢を描く鉛筆です。
スペイン語で鉛筆をLapizと言います。
リフォーム神戸技術センターラピスのフリーダイヤル 0120-96-86-76
大阪のリフォームに関するお悩み相談お見積無料
先ずは、フリーダイヤルにてお問い合わせ下さい。
無料リフォームお問い合わせフォームにても受付致しております。

リフォーム神戸技術センターラピスの得するリフォーム

下のLapizマークをクリックして頂くと
リフォーム神戸技術センターラピスの割引券が有ります。
ページによって割引率が違いますので探して下さい。
リフォーム神戸の割引券

大阪のリフォーム←ページトップへ戻る↑